忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/15 08:33 】 |
おおーーーいいいいい
全然GT1帰って来ない感じです。

今メールしました。
先方には7/19には到着していて既に修理依頼を出して居るとの事だったのに・・・・・。

てな事でもう少し待ってみます。

拍手[4回]

PR
【2011/08/19 19:54 】 | 診断 | 有り難いご意見(4) | トラックバック(0)
おお~~っと。

以前にもこの写真使ってますが!何か文句でも有りますか?

本日は晴天に恵まれ少し蒸し暑さが出てきましたね。

さてGT1と言うBMW専用診断が有ります。
私が所有する診断機も勿論GT1を使用させて頂いております。
がっしかし!
現行VerのままだとE46にアマリ対応しておらず、
VerDOWNが必要です。
そこでBMWと言えばサンビームのMuねさん相談した所、

Muねさん・・・ウチには有るよ~って

モリゲ・・・お願いします僕にもほんの少しで良いので分けて頂けないでしょうか?(土下座)

Muねさん・・・いいよ。

もりげ・・・有難う御座います。(再度土下座)

てな事でGETしました。
本当にサンビーム様有難う御座います。
まだまだ不束者ですが何卒イッパイごべんたつの程宜しくお願いします。

E46M3をお乗りのUJAさん・MotoGPさん・アジさん
今まで以上に細かいところまで観れる様に成ったみたいです。
「成った見たい」というのは、実は殆ど使い方がまだ解りませんけど~笑

で早速昨日「Uざわさん号」M3のスロットル調整たる物をやってみました。
勿論全然解りませんので電話で聞きながらサポート頂き無事終了~

E46はキーを挿しセルが回るまで少し時間が掛かるのですが
修正後は0.5秒程でセルが回ります。(すげっ)

てか本当に専用の診断機がないと話になりません。

GT1は以上です。

さて昨日KAZさん(新婚さん)がお見えに成られました。
この度は遠方よりの御来店誠に有難う御座いました。
Rearのタイヤを265にするべくキャンバーを少し付けたいとの事でアライメント調整を行いました。
無事作業も終わりタイヤを付けて確認した所「面ヶ!」に成りました。

写真が無いのが残念ですが御本人のブログにてUPするかな~?


ではマタ不定期ながらUPして行きますので宜しくお願い致します。

人が~~~~!

吹っ飛んだ!



拍手[0回]

【2011/06/05 19:33 】 | 診断 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
診断機

d10c.jpg





携帯のキャメラで撮ったので写りが悪いですね。

こんな感じでDISの診断機も有ります。
近頃の車はアマリにも電子制御が多くて困っております。
まだ最近入れたばかりなので殆ど使い方は解りませんが少しだけ勉強して
E36のABSエアー抜きのやり方とVANOSの診断方法は解りました。
VANOSの診断時は勝手にスロットルを空けて幾つかのプログラミングされている回転数まで上げて診断する
様です。

初めて使ったときはチョットビビリました・・・・笑)

この診断機を使い自分のisでイロイロ試してみます。

つづきまして。
サスペンションセッティングについてです。
サスペンションセッティングは個人差が大きく近年流行っている乗り心地も良く且つサーキットでも速く走れる
仕様・・・・・・。
勿論乗り心地の良いサスペンションではサーキットを速く走れないのか?と言われれば決してソウでは有りませんが。個々のレベルに合わせた仕様セッティングが必要となります。
例えば初めてサーキットを走る方なら、ある程度ダンパーを動かしてあげてコーナリング時のロールを感じさせ、トラクションなどの掛かりやすい仕様にするのが良いかと私は考えております。
がっ!しかし今まで何度か、もしくは何度もサーキットに行き今まで以上のタイムアップを求めるのであれば話は違いますね。
トラクションもかけたいしコーナーリングも速く走りたい。
と成れば色々なコーナーやストレート区間の有るサーキットでは、悪い言い方をすればいかに中途半端なセッティングが出来るかにかかってきます。(コースにより千差万別っす)
立ち上がりのトラクションを重視しスプリングや減衰力(バンプ)を下げて使用するとコーナリング時にロールアンダーやロールオーバーなど不安要素たっぷりのセットとなります。
また逆にコーナーを生かすためレートを上げてダンパーの縮みも上げて走るとどうなるか解りますか?

簡単ですタイヤ任せなセットとなります。
コレは勿論トラクションも掛かりにくいしコーナでは唐突にブレイクします。
どちらにしてもトテモ危険な仕様が出来上がるわけですね。

サスペンションのセッティングではスプリングや減衰力(バンプ・リバンプ)など他にも沢山のセッティング箇所が御座います。
それをチャント体で感じ、感じたものを車体へフィードバック出来る事が重要と成りまので~~~~~~。

えらそうな事書きましたが僕なりの考えなので共感出来ない方はスンマセン怒らないでヤッテくださいませぃ!

では寝ます。


 

拍手[0回]

【2010/12/01 23:10 】 | 診断 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
| ホーム |